2019年IT導入補助金のECサイト制作採択事例【衣料品販売(福島県)】フューチャーショップ

衣料品販売のECサイト制作採択事例

(フューチャーショップ)

平成30年度補正予算(2019年)IT導入補助金を活用した事例を紹介しています。

今回は、新規顧客獲得に対して、これまでECサイトを活用する事ができなかったものの、IT導入補助金によりECサイト制作が実現された事例になります。

都道府県:福島県
業種:衣料品小売業
従業員数:41人
事業年数:55年

事業上の強み

地域密着型のアパレル店舗を運営しており、地域の皆様の要望を受けて商品の品揃えを調整しているため「店舗に行けば何でも揃う」と、評判をいただいていることを強みにされています。

また、店舗スタッフに対する教育システムが整っているためスタッフ全体の接客力が高いことを特徴とされています。

MEMO

事業上の強みポイント

地域に根付いた店舗として顧客とのコミュニケーションを欠かさないことで信頼を得ている事、教育制度が整っているためスタッフ全体のレベルが高く、顧客満足度も比例して高いことが事業上の大きな強みとなります。

導入目的

新規顧客獲得に向けたカート機能付きECサイト制作

課題内容

WEBシステム関連に精通した従業員がいなかったため積極的な導入ができておらず、広いエリアでの認知度の向上が課題としてあり、オンライン販売の機会を十分に獲得できずに労働生産性が鈍化している状況でした。

MEMO

ECサイト制作で解決できる課題ポイント

これまで情報が届かなかった一般消費者に向けてインターネットで訴求し、自社オリジナルブランドの衣料品をWEB上で購入できるシステムを構築する事で、自社の認知度を向上させながら広い商圏で顧客を獲得する事が可能になります。

課題解決内容

上記の新規顧客獲得に対する大きな課題に対して、ECサイト制作の先行投資を行えずにいましたが、『自社オリジナルブランドを立ち上げ、着心地の良い衣料品を適正価格で全国に届けたい』という将来目標を達成する足掛かりとして、今回、IT導入補助金のECサイト制作サービスを活用し、新たな新規顧客獲得に向けて取り組む事が可能となりました。

MEMO

ECサイト制作のポイント

企業様の特徴・強みである、顧客からのヒアリングによって機能性・デザインを追求したオリジナルブランドの衣料品情報を明確に訴求し、顧客がそのままWEB上で購入できるカート機能を導入して、利便性・信頼性を獲得できるサイト設計にしています。

まとめ

こちらの事業者様は、創業55年、地域に愛される店舗として顧客からの指示を受け、事業を展開されていますが、インターネットの有効活用にリソースを割けている状況ではありませんでした。

これまでの知見を活かして作った自社オリジナルブランドの衣料品を全国に広めていきたいと、今まで取り組まれていなかったECの展開に対してIT導入補助金を活用した事例となります。

現在では、全国にファンを獲得するべく日々インターネットでの情報発信に注力しておられますので、ぜひ成果を上げていただきたいと思います。