平成30年IT導入補助金のWEB制作採択事例【電気・配線取付工事業(群馬県)】

【GI】電気工事のIT導入補助金によるWEB制作

電気・配線取付工事業のWEBサイト制作採択事例

平成29年補正予算(平成30年)IT導入補助金を活用した事例を紹介しています。

今回は、下請け脱却に向けた新規顧客獲得に対して、これまでWEBサイトを活用する事ができなかったものの、IT導入補助金によりWEBサイト制作が実現された事例になります。

都道府県:群馬県
業種:電気・配線取付工事業(電気工事業)
従業員数:4人
事業年数:4年10ヶ月

事業上の強み

約10年に渡る電気工事の業界経験やスキルを保有している企業様で、電気工事に関する工事を自社内でワンストップにて対応し、元請先の負担を軽減できるサービスを提供されています。

また、どんな仕事の依頼も断らずに可能な限り対応し、加えてどんな時でもスピード対応できる体制を構築し、顧客の依頼に他社よりも迅速に対応できる事を強みとされています。

MEMO

事業上の強みポイント

長年の業界経験を活かし、自社でワンストップにてサービスを提供していることから、お客様の満足度も高く、また迅速な対応も可能である事から、顧客より選ばれる理由・根拠が明確となり、事業上の大きな強みとなります。

導入目的

自社WEBサイトなし、新規顧客獲得に向けた集客特化型WEBサイト制作

課題内容

ワンストップで工事が行える点などが顧客から満足度が高いこともあり口コミや紹介を中心に集客を実施されていましたが、口コミ・紹介での集客数には限界があり、広い認知を獲得出来ずに新規顧客の獲得が伸び悩んでいる状況でした。

MEMO

WEBサイト制作で解決できる課題ポイント

口コミ・紹介や、リアルな営業活動では行動範囲など取り組める範囲が限られています。

その事から、これまで情報が届かなかった顧客に向けてインターネットやSNSで訴求する事で、これまでに実現できなかった広い商圏で認知を得る事が可能になります。

課題解決内容

上記の新規顧客獲得に対する課題に対して、日々工事や顧客対応など目の前の業務に追われている事もあり、新規顧客獲得向けのWEBサイト制作の先行投資に二の足を踏んでいましたが、今回、IT導入補助金が活用できる事を知り、WEB制作事業者様に問い合わせて、将来目標である「高齢化社会に向けた地域密着での家電製品の販売からアフターフォローまでを行う事」を達成するための足掛かりとして、新たな新規顧客獲得に向けて取り組む事が可能になりました。

MEMO

WEBサイト制作のポイント

自社の特徴・強みである、ワンストップ対応が可能な点を明確にして、他社との違いをわかりやすく訴求し、また漏電対応やLED化、防犯カメラの設置など幅広く対応可能である事を発信して信頼性をアピールするサイト設計にしています。

まとめ

こちらの事業者様は、長年地場で培ってきた強みを基に事業を展開され、紹介による集客を実施していますが、インターネットに対して積極的に取り組めている状況ではありませんでした。

ただ、元請以外の個人消費者の新規顧客獲得に対して、有効な打開策があったわけではなかったため、これまで取り組まれていなかったWEBの展開に対してIT導入補助金を活用した事例となります。

現在では、日々奮闘しながら新規顧客獲得に向けて取り組みを開始されていますので、多くの新規顧客獲得へとつなげ、将来目標を達成していただきたいと思います。