2018年IT導入補助金のECサイト制作採択事例【インテリア雑貨の企画・販売業(大阪府)】

【GMOペパボ】食肉卸のIT導入補助金によるWEBサイト制作

インテリア雑貨の企画・販売業のECサイト制作採択事例

平成29年補正予算(平成30年:2018年)IT導入補助金を活用した事例を紹介しています。

今回は、新規取引先獲得に対して、これまでECサイトを活用する事ができなかったものの、IT導入補助金によりECサイト制作が実現された事例になります。

都道府県:大阪府
業種:インテリア雑貨の企画・販売業(小売業)
従業員数:4人
事業年数:53年

事業上の強み

自社企画にてオリジナルのインテリア雑貨の販売を行っている企業様で、北米・フィンランドの森林承認を取得している製造業者からサーモンウッドを買付け、品質の良い木材を仕入れて商品を提供されています。

また、35年以上に渡りディスプレイデザインや店舗デザインを行って来た経験・知識・スキルを活かした企画を行っているため、他社にはないオリジナル性の高い商品を企画・販売できる事を強みとされています。

MEMO

事業上の強みポイント

他社と比較しても高品質な材料を使用した商品を提供している事から、顧客からの信頼度と満足度も高く、またオリジナル性の高い商品の企画事が可能である事から、顧客より選ばれる理由・根拠が明確となり、事業上の大きな強みとなります。

導入目的

自社ECサイトなし、新規顧客獲得に向けたECサイト制作

課題内容

一般消費者がインターネットで購入できる窓口がない事に加えて、設計事務所等とのBtoB取り引きが行えるものの、それを発信するための手段がないため、効率的な認知の獲得が出来ず売上の拡大につながらない状況でした。

MEMO

ECサイト制作で解決できる課題ポイント

リアルの営業活動では、時間・人材共に数が必要となりますが、企画・制作へ力を注いでいる企業様にとって、リアルの営業活動に充てられる時間には限りがあります。

その事から、これまで情報が届かなかった企業様や顧客に向けてインターネットやSNSで情報発信する事で、これまでに実現出来なかった露出を取る事が可能になります。

課題解決内容

新規顧客獲得に対する大きな課題に対して、WEBに詳しい人材が少ないことから、新規顧客獲得向けの自社ECサイトの制作を行えずにいましたが、今回、IT導入補助金を活用できる事で、よりオリジナル性の高い商品を企画・販売して、顧客満足度を向上させていくための足掛かりとして、IT導入補助金のWEB制作サービスを活用し、新たな新規顧客獲得に向けて取り組む事が可能になりました。

MEMO

ECサイト制作のポイント

自社の特徴・強みである、オリジナルの商品の特徴や品質の良さを伝え、価格を明確に表示し、またデザイナーの思いや会社の紹介などの情報も伝える事で、お客様からの認知と信頼性を得られるサイト設計となっています。

まとめ

こちらの事業者様は、長年の経験で得たデザイン力の高さと品質の良さなどの強みを基に事業を展開されていますが、企画・製造へリソースを集中させていたため、インターネットへの取り組みまで手が回らない状況でした。

ただ、事業内容に関して広く認知が獲得できず、有効な打開策も得られなかったため、これまで取り組まれていなかったECサイトを利用して、広く顧客を獲得するためIT導入補助金を活用した事例となります。

現在では、企画・制作をメインに力を入れつつも新規顧客獲得に向けて取り組みを開始されていますので、大きな成果へとつなげていただきたいと思います。