平成30年IT導入補助金のWEB制作採択事例【水道の工事・修理・メンテナンス業(東京都)】

【ナインピース】水道工事のIT導入補助金によるWEB制作

水道の工事・修理・メンテナンス業のWEBサイト制作採択事例

平成29年補正予算(平成30年)IT導入補助金を活用した事例を紹介しています。

今回は、下請け脱却に向けた新規顧客獲得に対して、これまでWEBサイトを活用する事ができなかったものの、IT導入補助金によりWEBサイト制作が実現された事例になります。

都道府県:東京都
業種:水道の工事・修理・メンテナンス業
従業員数:1人
事業年数:4年6ヶ月

事業上の強み

水道工事・修理・メンテナンスを行っている企業様で、これまで様々なケースの水回りの工事や修理の経験があるため、水回りの改修工事や数理に関して分かりやすく説明を行い、サービスを提供されています。

また、近隣の他社の水道工事の相場よりも安価にサービスを提供しており、事前に見積りを提示してから工事にかかるなど、お客様が安心して依頼できる体制づくりが出来ている事を強みとされています。

MEMO

事業上の強みポイント

これまでに様々なケースの工事・修理の経験がある事から技術的にも顧客からの満足度が高く、また他者よりも安価な価格設定や事前の説明を行う等、安心感のあるサービスを提供している事から、顧客から大きな信頼を得ている事が事業継続の強みとなっています。

導入目的

自社WEBサイトなし

新規顧客獲得に向けたWEBサイト制作

課題内容

下請けからの脱却に当たり、今後は一般個人向けの受注獲得に向けて営業活動を行っていましたが、取り組める範囲に限界があり、一般個人の顧客の獲得が出来ず売上が伸び悩んでいる状況でした。

MEMO

WEBサイト制作で解決できる課題ポイント

事業拡大のために新しい顧客層に対する営業活動は、人的・時間的な限界もあり、取り組める範囲も限られます。

そのため、一般個人の新しい顧客からの認知獲得に向けて、インターネットやSNSを利用する事で、新しく一般個人の顧客層に対して情報の発信が可能になります。

課題解決内容

新規顧客獲得のための大きな課題に対し、顧客対応や受注した水道工事を優先的に行っている関係もあり、新規顧客獲得のためのWEBサイト制作の先行投資に二の足を踏んでいる状況でしたが、今回WEBサイト制作の事業者様からIT導入補助金を活用できる旨の案内を受け、高齢者をサポートする地域密着の新規事業の展開というビジョンを達成するための一歩として、IT導入補助金のWEB制作サービスを活用し、新たに新規顧客の獲得に向け取り組む事が可能になりました。

MEMO

WEBサイト制作のポイント

自社の特徴・強みである、様々なケースに安価に対応できるサービス内容を提示し、水まわりについての詳しい説明や、これまでの工事実績など様々な情報を発信して、一般個人からの信用性を獲得できるサイトに設計しています。

まとめ

長年の水道工事・修理の経験によって培ってきた強みを活かして事業を展開されている企業様ですが、インターネットのプロモーションに関しては優先的に取り組めていませんでした。

ただ、下請けから脱却し新たに一般個人という、これまでと違う顧客層を獲得するにあたって、これまで取り組んでこなかったWEBの活用に対してIT導入補助金を利用した事例となっています。

現在では、日々試行錯誤しつつも新規顧客獲得に向けて取り組みを始められていますので、新規顧客の獲得を足掛かりとして将来目標の実現へとつなげていただきたいと思います。