2019年IT導入補助金のECサイト制作採択事例【スポーツ用品(東京都)】メイクショップ

スポーツ用品のECサイト制作採択事例

(メイクショップ)

平成30年度補正予算(2019年)IT導入補助金を活用した事例を紹介しています。

今回は、新規取引先獲得に対して、これまでECサイトを活用する事ができなかったものの、IT導入補助金によりECサイト制作が実現された事例になります。

都道府県:東京都
業種:スポーツ用品の企画・卸売業
従業員数:9人
事業年数:19年

事業上の強み

ブラジル発祥の、歴史あるサッカー・フットサルブランドの商品を提供している事業者様で、ブランドの認知度が高くファンも多いため、繰り返し購入していただける商品力を強みとされています。

また、多数のスポーツショップに卸しているため、日本全国に販売網があり、お客様が近隣の取扱い店舗で実商品を確認することが可能な点を特徴とされています。

MEMO

事業上の強みポイント

商品自体に強い訴求力がありファンが多い点、卸先が多いことにより、自社店舗に頼らず顧客が実際の商品をみたり試着したりできる環境が整っていることが事業上の大きな強みとなります。

導入目的

新規顧客獲得に向けたカート機能付きECサイト制作

課題内容

これまで商品の知名度に依存した受動的営業スタイルだったため、特にインターネットの情報発信に関する知見が少なく、今以上の認知度向上が課題としてあり、オンライン販売の機会を十分に獲得できずに労働生産性が鈍化している状況でした。

MEMO

ECサイト制作で解決できる課題ポイント

これまで情報が届かなかった国内のクラブチームやサッカーチームに向けてインターネットで訴求し、歴史ある専門ブランドのスポーツ用品をWEB上で購入できるシステムを構築する事で、既存ファンの枠を超えて積極的に新規顧客を獲得する事が可能になります。

課題解決内容

上記の新規顧客獲得に対する大きな課題に対して、ECサイト制作の先行投資を行えずにいましたが、『長年愛され、改良を重ねることで進化を続けてきたスポーツ用品をもっと国内のサッカー・フットサル愛好者に使ってもらいたい』という将来目標を達成する足掛かりとして、今回、IT導入補助金のECサイト制作サービスを活用することで、新たな新規顧客獲得に向けて取り組む事が可能となりました。

MEMO

ECサイト制作のポイント

企業様の特徴・強みである、歴史あるブランドの信頼感と安定性を訴求しつつ、常に改良を重ね続けることで実現する機能性に関する情報を明確に訴求し、顧客がそのままWEB上で購入できるカート機能を導入して、利便性・信頼性を獲得できるサイト設計にしています。

まとめ

こちらの事業者様は、ブラジル発祥である老舗メーカーのスポーツ用品を国内に提供することでファンから安定的な売り上げを得て事業を展開されてきましたが、インターネットによる情報発信に多くのリソースを割けている状況ではありませんでした。

長年愛される専門ブランドの良質なスポーツ用品をもっと日本のサッカー、フットサル愛好者に広めていきたいと、今まで取り組まれていなかったECの展開に対してIT導入補助金を活用した事例となります。

現在では、日々情報コンテンツを更新されながら新規ファン獲得のため奮励努力されていますので、成果を上げ続けていただきたいと思います。